« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

ブルーベリーの鉢にミントを植える

Dscf3349

ブルーベリーコンパニオンプランツとして、ミントを植えました。こちらはティフブルーの鉢です。ミントはキャットミントスペアミントケンタッキーミントの三種です。ついでに腐葉土でマルチングしました。農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツによると病害虫が少なくなるなど、ブルーベリーの生育がよくなるそうです。

| | コメント (0)

パセリにもハモグリバエ!

Dscf3321_1

イタリアンパセリにもハモグリバエを発見!よく見てみると他にも・・・

エンドウの葉ほどおいしくないのか、侵入のしかたは遠慮がちです。 白くスジのついている葉はすべて取り除きました。

| | コメント (0)

イチジクも芽がふくらむ

Dscf3314 切り戻しから1ヶ月の沈黙を経て、イチジクにも変化が・・・

丸い芽がふくらんできました。

| | コメント (0)

スタンレープルーンも目が覚めた!

Dscf3303

春の陽気に誘われて、ついにスタンレープルーンも目が覚めました。

| | コメント (0)

パセリのハンギング

Dscf3266

パセリのハンギングです。左が普通のタイプ(パラマウントというのかな)、右がイタリアンパセリ。両方2株ずつですが元気に生長し、料理に重宝しています。

| | コメント (0)

ブラックベリーの芽吹き

Dscf3278

Dscf3276 つる性の植物の目覚めは早いのか、ブラックベリーも枝から盛んに芽吹いています(^-^)

| | コメント (0)

女峰の花が増える!

Dscf3269

Dscf3271イチゴの花が増えてきました(^o^)大きな花です。

キッチンガーデンとミニミニ菜園によると開花から1ヶ月ぐらいで熟してくるそうです。収穫は4月の末までおあづけです。

| | コメント (0)

『バッテリー』のイチゴ

まだ映画は見ていないが、本は一気に6巻まで読んだ。文章のひとつひとつがキラキラと輝いている。

第1巻のなかに主人公巧くんがなんと喀血するシーンがある。病弱な弟の青波くんではなくて・・・ほんと、どっきりした・・・どうしてそうなったかは読んでみてね。

さてイチゴのエピソードだが、野球仲間の農家の子から売り物にならないイチゴをごちそうになるシーンがある。この時の巧が、こんなうまいイチゴを作れることはすごいことだと素直に感心し、いつもの巧らしくないとあきれられる。

うまいイチゴが作れるより、野球の才能のある方がいい、イチゴ作ってなんぼのもんじゃ、プロの選手になれば何億ともらえると友達に言われると、「金のことではなくて・・・よくわかんないな・・・」と考え込む。おいしいものを食べてふと無防備になる巧がいい。

 うちのベランダの4株のイチゴはようやく花をつけたばかりだけど、どうか巧くんをうならせるようなおいしいイチゴに育ってほしい。

続きを読む "『バッテリー』のイチゴ"

| | コメント (0)

グーズベリーの若葉

Dscf3260 Dscf3258

グーズベリーはかわいらしいフレア状の葉っぱがたくさん広がってきました。

| | コメント (0)

伸びてきた、サルナシの枝

          

Dscf3231_1 Dscf3238_1

ここ2~3日でコクワの葉が開いてぐっと雰囲気が変わってきました。

枝の先から、新しいつる性の枝がにょきにょきと伸びてきました。あんどん仕立てにしようと思っているのですが、どうすれば(?_?)

| | コメント (0)

『銀のロバ』の雨ごい

 時は第一次世界大戦中、場所はイギリス海峡に近い森の中。行き倒れになった脱走兵を近くに住む姉妹が見つける・・・

中尉は二人の姉妹とその兄にロバの出てくる物語をいくつか話して聞かせる。その中で雨ごいの話がある。雨ごいに来たロバに空は言う。じきに雨が降るだろう、雨は、何もかもほしがる者たちのためではなく、ほとんど何もほしがらない者たちのために降っているのだと。

 動物も植物も水がないと生きられない。路地植えの果樹や野菜は自然の恵みの雨を何の欲もなくただただ受け入れる。でもベランダの鉢植えたちには恵みの雨は降らない。塩素の入った水だけど、毎日降らしてあげるから、どうかいじけず育ってね。

銀のロバ ソーニャ・ハートネット 主婦の友社

| | コメント (0)

ハモグリバエの絵

Photo

うちのベランダの迷惑なお客様、 ハモグリバエです(▼▼)

| | コメント (0)

ブルーベリーの摘蕾(T_T)

Dscf3190_1 Dscf3188 

写真はウッダードです。

Dscf3201_1 Dscf3226

剪定した花芽↑

 

 ブルーベリーの花芽の剪定をしました。ブルーベリーは1,2年目は摘蕾しないと木が疲れてしまうそうな。上が剪定前、下が剪定後です。花が見たかったぁ(>_<)

来年は少しは実らせてもいいかな?まあ散髪してスッキリしたと思ってあきらめましょう(^_^)

| | コメント (0)

『一億百万光年先に住むウサギ』の中の恋樹

 題名からすると、SFチックなファンタジーのようだが、中3の男の子が主人公のロマンチックでミステリアスな恋の物語。地元、湘南が舞台で読んでいて楽しい。

この物語の冒頭に出てくる恋樹(こいのき)はドイツにある。樹齢500年の巨木。私の好きな屋久島の杉たちのようだ。この恋樹の話を主人公に聞かせる大学の元教授は、『古い木には精霊が宿る』という。

人間の寿命を遙かに超えて生きている古木は確かに神のような存在感がある。そして古木ではなくても、植物には命がある。縁があって私のベランダに来た果樹や野菜たちにもそれぞれ精霊たちがついているはず。

一億百万光年先に住むウサギ 那須田淳 理論社

| | コメント (0)

『穴』の野生のタマネギ

 主人公スタンレー少年は無実の罪でグリーン・レイク・キャンプという、緑のまるでない砂漠の中の矯正施設に送られ、毎日毎日穴を掘らされる。ある呪いのおかげで5世代に渡って不運が続いているのだが、スタンリーは運命を逆転するために冒険に出る・・・

グリーン・レイク・キャンプの過去と現在を行きつ戻りつする物語のキーワードはタマネギピーチジャム。タマネギとピーチジャムによってスタンレーと友人のゼロは命を救われる。ストーリー展開の見事さに不幸続きの話がさわやかに感じられた。

この物語を読んで、野生のタマネギの存在を知った。野菜や果樹にしても今は野生からはほど遠いけれど、よく考えると昔はみんな野生だったんだよね。

町の人たちは具合が悪くなると医者にも行ったが、タマネギも買いに行った。タマネギは血液サラサラ効果で知られているけれど、昔から人気があったのだ。

それから物語の中に出てくるピーチジャムは魅力的。桃にシナモン、クローブ、ナツメグ、そして秘密のスパイスを加えて作るという。一度味わってみたいな。

HOLES ルイス・サッカー 講談社

| | コメント (0)

マルベリーの丸い芽

Dscf3156 マルベリー(クワ)の先のマルいかわいらしい芽です。皮を破って出てこようとしています。

ガンバレ/^.^/

| | コメント (0)

ハモグリバエとの戦い続く

Dscf3162_1

少し勢いを取り戻してきたエンドウです。今日もハモグリバエを一匹つぶしました(アーメン)まだまだ、戦いは続きます。

それにしても、近所の路地植えのエンドウは、ジャックと豆の木の勢いで伸びて、花まで咲かせています。コンテナ栽培はキビシイ!

| | コメント (0)

春分の日のサルナシ

Dscf3140 まだ目覚めない果樹が多い中、コクワが一番元気です。

切り戻されてないから、ダメージもなくすくすく育っているようです。

Dscf3146

| | コメント (0)

『きよしこ』のどんぐり

 主人公のきよし少年は吃音のため思うようにしゃべることができない。彼は、父親の仕事の関係で転校を何度も余儀なくされ、そのたびに新しい人間関係つくりに苦労しながらも少しずつ成長していく。

 これは小5のときのはなし。5校目の転校さきの町の神社でおっちゃんと知り合う。おっちゃんはどんぐりが落ちていたら拾って、遠くに運んで捨てなくてはいけないと妙なことをいう。どんぐりは親の木のそばに落ちたままだと、芽を出しても日も当たらず、根も張れず育たないからだという。そうしてどんぐりを拾っては遠くに放っている。

 うちのマンションのベランダは南向き。果樹たちには日当たりは良好でいいけれど、コンテナやポットで自由に根が張れないのはチョット申し訳ない。それにしても、植物も人間と同じで親ばなれは必要なのだ。 

きよしこ 重松清 新潮文庫

| | コメント (0)

ちょっといじけたビワも仲間入り

Dscf3128 ホームセンターの片隅でちょっといじけていたビワです。品種は田中。ビワは『小さな庭でも実がつく家庭果樹の育て方―庭植えと鉢植えの作業手順がよくわかる』によると切り戻さないということで、傷んでいた葉っぱを切り、支柱を立てました。結実まで鉢植えで3~4年ということです。本にはビギナー向きと書いてありますが、すくすく育ってくれるかな。

| | コメント (0)

シュガープルーンの目覚め

Dscf3089 切り戻してから変化のなかったプルーンの幹にかわいらしい新芽がのぞいているのを発見!

| | コメント (0)

イチゴの花が2個に、葉っぱの黒ずみは何?

Dscf3095  イチゴの花がふたつになりました。このところ寒さがぶり返しているので、生長は遅遅として見えない中の進歩です。前から咲いている花も花びらが健在。

Dscf3106 花は順調だけど、気になるのが葉っぱがちょっと黒くなってきたこと。これは病気?虫はついていないけど

| | コメント (0)

鈴成クワを植える

Dscf3096 サカタのタネで購入した鈴成クワです。別名マルベリー。コンテナ向きで、コンパクトなタイプだそうです。一本でも実が成り、若木のうちからたくさん実をつけてくれるそうです。

今年は収穫が望めない果樹が多い中、期待の星です(^u^)

| | コメント (0)

スモモの切り戻し

Dscf3082_1 スモモの苗を購入しました。一本598円の「大石早生」と「ソルダム」です。スモモは異品種2本あったほうがいいそうな。ホームセンターでは、もう盛んに芽が出ていましたが、思い切って30センチあまりに切り戻し鉢に植えました。

ああ、桃栗三年柿八年・・・収穫までは3年

下は左がソルダム、右が大石早生です。

Dscf3099 Dscf3101

| | コメント (0)

エンドウの葉が委縮?

Dscf3063 Dscf3069

朝からコバエ(ハモグリバエ)が3匹、ウジ虫が蛹になり羽化したのね。逃げないので指先でつぶす(ーー゛)

少し勢いを盛り返したかなと思う新しい葉っぱの先が茶色く萎縮している・・・これも何かの病気(?_?)

| | コメント (0)

『西の魔女が死んだ』の虫の駆除

 中学に入学した五月、主人公まいは不登校になり、祖母のもとで過ごす。そして、始まる魔女修行・・・

 おばあちゃんの家の庭の植物たちが生き生きと描かれている。その中でハーブティーで青虫やアブラムシを駆除する場面がある。ミントとセージを鍋やボールに入れ、上からお湯を注ぎしばらく置いておく。濃い色が出たら水を足してじょうろで野菜に撒く。

 これから、暖かくなるとベランダには何が集まってくるかな?すでにハモグリバエにやられエンドウが重病だけど、試すにも我が家のミントとセージの苗はまだまるで育ってない。

西の魔女が死んだ 梨木香歩 新潮文庫

| | コメント (0)

『白い犬とワルツを』の接ぎ木

 妻に先立たれた足の不自由な頑固な老人サム。父親を暖かく見守る7人の子供たちと不思議な白い犬の物語です。

 主人公サムの仕事は苗木を育てること。息子ふたりは牧師で、サムも崇高な神の存在を疑うことはない。

そのサムが聖書の中で疑問に思っていることのひとつが、接ぎ木のこと。実を結ぶ木は聖書の中の表現のようには育たないということ。親木から葉芽をつくって、それを台木の樹皮に挿さなければいけないという。

 最近購入した果樹の苗もほとんどが接ぎ木している。子供のころ早春の出窓で母親がカボチャの苗にスイカの苗を接ぎ木していたのが思い出される。根っこだけを利用され頭をカットされる台木さん、ほんとに御苦労さま(^_^;)

白い犬とワルツを テリー・ケイ 新潮文庫

| | コメント (0)

プルーンたちも休眠中

Dscf3012_1

Dscf2974_1

園芸ネットから購入した「シュガープルーン」(右)と「スタンレープルーン」(左)です。1mくらいありましたが30cmほどに切り戻しました。

芽(↓)は固く休眠中です。

Dscf3013_1

| | コメント (0)

イチジクは休眠中

Dscf3019 サカタのタネから購入した「桝井ドーフィン」です。

鉢に植替え切り戻してから一週間余り、何の変化もありません。

本には20cmほどに切り戻すとあるけれど、そんなに大胆には切れなくて、30cmほどにしました。

イチジクは育てやすくて、結実までは2年だということです。

| | コメント (0)

ハーブの寄せ植え

Dscf2990_1

ハーブの寄せ植えたちです。左から「アップルミント」「ローズマリー」「セージ」「ペパーミント」「パイナップルミント」「タイム」です。購入から3週間ほど経ちます。アップルミントに最初アブラムシが付きましたが、手で取っていなくなりました。今はセージが多少元気がないほかは順調です。

| | コメント (0)

グーズベリーは生育中

Dscf3005_1 Dscf3006                     

園芸ネットから購入したグーズベリー(すぐり)です。

もう枝の先から盛んに芽吹いています。

| | コメント (0)

みの虫発見!

Dscf3002 ゴールドクレストの木にみの虫発見!

ホームセンターから購入する前から付いていたんでしょうねぇ

| | コメント (0)

ラズベリーは冬眠中?

Dscf3034

Dscf3037

ラズベリーは3分の1ほど切り返しました。枝は乾燥し、芽もかたく冬眠から目覚めていない様子。お~い!!

| | コメント (0)

ブラックベリーに支柱

Dscf2985 Dscf2987

ブラックベリーは切り戻さずそのまま支柱を立てました。芽が膨らみはじめました。

| | コメント (0)

悲しきエンドウ

Dscf2980_1

Dscf2983_1

ハモグリバエの駆除は「食害された葉ごと処分」すること。ウジ虫は葉にもぐっているのだから効く薬もないようです。ひどい状態の葉を取っていったらこのようにさみしい状態になりました。この先少しは盛り返していってくれるかな(T_T)

| | コメント (0)

ブルーベリーたち

Dscf3044_2 Dscf3048_1

ブルーベリは2本あったほうが実を結びやすいということで、ラビットアイ系を2本購入しました。

こちらは「ティフブルー」という品種です。鉢植えにして1か月。若葉が出てきました。

Dscf3051_1 Dscf3054_3

  こちらが「ウッダード」です。

| | コメント (0)

生育旺盛

Dscf3031Dscf3033_2    

植えつけた苗の中で一番元気なのがコクワ。芽がどんどん大きくなっています。

| | コメント (0)

イチゴに花が

Dscf2884 

イチゴに花が咲きました。

| | コメント (0)

ハモグリバエだったの!

Dscf2969 Dscf2958

 エンドウの葉の白い筋。本「キッチンガーデンとミニミニ菜園」で調べて「ハモグリバエ」の食害と判明。どうりでコバエが飛び回っていると思った(-_-;)

下が悠々と子孫繁栄に満足している様子のハモグリバエ。

| | コメント (0)

コクワが来た!

 Dscf2874_4  

 子供のころ、田舎の山で食べた味がなつかしく「コクワ」の苗を買いました。購入先は園芸ネット。品名は「一才サルナシ6号鉢植え」です。正式には「サルナシ」って言うんですね。さっそく10号鉢に植え替えました。最初は剪定の必要がないようです。すでに大きな芽がいっぱい出ています。これからどう育っていくか楽しみ(^-^)今年は少しは食べられる実が生るのかな?

| | コメント (0)

山椒の切り戻し

Dscf3026 料理の色添えにと、山椒の苗も果樹の苗と一緒に購入しました。購入先は園芸ネット「朝倉5号ポット植え」で、雌木なので実がつくそうです。

鉢植えのため、20cm程に切り戻しました。芽ぶきの様子もなく切りすぎたのではと心配です。

| | コメント (0)

ブラックベリーとラズベリーを購入

Dscf2873

Dscf2881

近所のホームセンターで苗を購入して鉢植えにしました。なぜか、品種の表示がありません。「ラズベリー」「ブラックベリー」とだけあります。そんなものなのでしょうか。

 

| | コメント (0)

イタリアンパセリを購入

Dscf2872

近くのホームセンターでイタリアンパセリの苗を売っていたので、2株購入しました。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »