« パセリ2代目 | トップページ | 『病気にならない生き方』新谷弘実 »

三崎亜記の『失われた町』

三崎亜記『失われた町』を読みました。
近未来SFだと知りながら読み始めたものの、ついつい現代とのつながりを求めて理解しがたく最初はとまどってしまいましたが、これは全く架空の世界なんだと考えて納得していきました。

『町』という得体の知れない存在に対抗し『消失』を防ごうとする人たち。
SFの設定の面白さよりは、理不尽に失われる命の悲しみ、悲しみを悲しみとして表現できないさらなる理不尽さなど、心理小説という感じがしました。

小説世界の全体把握がしたいのにできないもどかしさが最後まで残って私には消化不良の一冊でしたが、また読む人によってはいろいろなとらえ方ができる本かなと思います。
失われた町をそのまま表現する装丁が洒落ています。

|

« パセリ2代目 | トップページ | 『病気にならない生き方』新谷弘実 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パセリ2代目 | トップページ | 『病気にならない生き方』新谷弘実 »