« ニームの奇妙な枝(--;) | トップページ | マルベリー、グーズベリーの植えかえ »

サルナシ、落葉? 枯死?

サルナシたちのその後です。
育てるのが初めてなもので落葉と枯死の区別がつきません(--;)

Dscf0068

一才サルナシです。葉っぱがドロッと黒くなっていきます。そのうち乾燥してきますがこれって普通の落葉の状態(?_?)

Dscf0056_2 ハーディーレッドです。落葉というより枯死に見えます。

Dscf0065 グリーンエッグです。10月に落葉して以来、枝も乾燥してきました。完全に枯死?

Dscf0058 エメロードです。嫌な枯れ方だなと思っていたら新芽が出てきました。「処分しないでくれー」と、まだ生きているところを示してくれているのでしょうか。

それにしても今年の春からこれで3回目の芽吹き?

|

« ニームの奇妙な枝(--;) | トップページ | マルベリー、グーズベリーの植えかえ »

サルナシ」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

コメント

春まで待ってみて芽吹かなければ枯死です。
春まで待てない場合は枝を切ってみてば分かります。
酷い時は手でポキポキ折れますよ。

投稿: よたっち | 2007年11月11日 (日) 21:33

その葉の状態だと病気だと思いますよ。
軟腐病・黒班病などのカビ系の病気を疑った方が良いです。
枯葉は全て除去して冬場に石灰硫黄合剤の塗布。。ですかね。
無農薬で治すのは不可能だと思います。
よたっちさんが言われているように枝を切ってみれば枯死の判断は可能と思います。
以前から似たような症状の果樹が多く見られているようですので、全体的に蔓延してしまっているのでは?

投稿: テル | 2007年11月12日 (月) 08:25

テルさん、いつもありがとうございます。
やっぱり病気なんでしょうね・・・怖そうな病名です。
本当なら処分しなきゃいけないところでしょうか?
調べると石灰硫黄合剤はけっこう扱いが難しそうな農薬ですね。
先日フマキラーのモスピラン・トップジンMスプレーを購入したので使ってみようかと思います。

よたっちさん
いつもありがとうございます。
ポキポキ折れるんですね。春まで待てないので試してみます。


投稿: bean | 2007年11月12日 (月) 20:43

灰色カビ病など、秋に涼しくなってから来春までがピークのカビ系の病気も有りますので今からが要注意です。

そのスプレー剤ならカミキリムシ等の害虫の防除も兼ねますので良いと思います。

トップジンMは連用すると耐性菌が出るので続けて使わない事が重要です。

やはり、石灰硫黄合剤を刷毛で塗るのがお奨めなんですけどね。。春先に芽吹き直前の萌芽に塗布すると効果が大きいですよ。

投稿: テル | 2007年11月13日 (火) 15:27

はじめまして。
「サルナシ」の検索でこのサイトにたどり着きました。

写真を拝見したところ、葉っぱが枯れ落ちているように見えました。枝先は黒くなって枯れこみませんでしたか?
と、いうのも私も似たような体験をしたからです。
もっとも、私の場合、「一才マタタビ」が同じ症状が出たからです。(本当はマタタビがほしかったのに、実を見たらサルナシ・・・。ネットでもマタタビでしょ~ってコメントが・・・)

この原因に対して、私なりの結論ですが、『水切れ』ではありませんか?マタタビ系は元々半日陰の峡谷などに自生するものと聞いています。現に日向に置いて暫く水を当てえていなかった時期があったのですが、その時に枯れてしまった!と思えるくらいに元気がなくなりました。

表土が乾燥しやすいようでしたら、マルチングを試されてはいかがでしょうか??

投稿: Blueビー | 2007年11月24日 (土) 07:11

Blueビーさん、はじめまして
アドバイスありがとうございます。
今回の枯れ方はテルさんのコメントのように病気の感じがします。薬剤を使ってからドロッとした黒ずみ方がなくなり乾燥してきました。
夏に枯れたときは水切れかもしれません。何度も枯れて芽吹いてを繰り返しています。サルナシの育て方は情報が少なくてよくわかりませんので、いろいろ教えてください。

投稿: bean | 2007年11月24日 (土) 23:23

僕もサルナシはじめて育てています。あんなにあった葉っぱが一枚もなくなって完全に枯れたと思っていました。このサイトをみて希望が見えてきました。春に期待して待ってみます。今日は元旦です。よい一年になりますように。ありがとうございました。

投稿: ハリー | 2017年1月 1日 (日) 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニームの奇妙な枝(--;) | トップページ | マルベリー、グーズベリーの植えかえ »