« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

マルベリーの若葉

マルベリー(鈴成クワ)の若葉が広がってきました。

昨年、やみくもに剪定してしまったので小さいままですsad
今年は花芽がどれくらいできるでしょう~

Dscf0952

Dscf0953

| | コメント (0)

ビワ、どうしてこうなるの(T-T)

実をつけ順調だったビワに異変がshock

葉っぱがどんどん落ちています。これでは実が大きくなるわけがありません。
樹を駄目にする前に早く実を取っちゃった方がいいのかなぁsweat01

Dscf0889

| | コメント (0)

イチジクのようす

やっとイチジクが動き始めました。品種は桝井ドーフィンです。

昨年もゆっくりマイペースな生長でしたが、振り返ると病気にもならず一番手がかからなかったようなannoy

Dscf0923

全体の感じはdown

Dscf0921

| | コメント (0)

『さよなら、そしてこんにちは』

荻原浩さんの昨年発売された小説です。昨年、朝日新聞の夕刊の『愛しの座敷わらし』の連載を読みファンになりました。

この本には7つの短編があります。
そのなかのひとつ「スローライフ」を紹介すると

 料理教室の先生をやっていた主婦が「スローライフ」や「スローフード」という当世の流行に乗って、ある日脚光を浴びるようになり急に忙しくなっていく生活を描いています。
忙しさにかまけ自慢のハーブガーデンの世話も怠り、アブラムシうどんこ病(ああ目に浮かぶ~)の襲撃を受けている様子はリアルで身につまされます。

いろいろな人々の人生の苦難を描きながらも、スキップを踏むような軽快な物語の運びとささやかな生の喜びが、人生捨てた物ではないと思わさせてくれ胸がほっと温かくなるストーリーたちですhappy01

| | コメント (0)

シュガープルーン目覚めるも・・・

プルーンシュガーが目覚めました。
もともと、不良品(主幹の半分が枯死)だったのですが、生命力には感心です。取り替えてもらった新しい樹は昨年早々枯死させてしまいました。
すごい樹形ですが、どこまで育ってくれるか見てみます。

Dscf0768 

相方のスタンレープルーンの方は枝が萎縮してきて、枯死の様相です。
どうしましょうcatface

| | コメント (2)

ブルーベリーああ勘違い(>_<)

朝からベランダで青くなりましたshock

テルさんに指摘を受けて今日、ブルーベリーのポットの札を見直して見ると、なんと私がティフブルーと紹介していたのがウッダードで、ウッダードと紹介していたのがティフブルーでしたsign03

ド素人の怖ろしい勘違いはいったいいつからか・・・bomb
ブログを直さなきゃあ・・・ほんとデタラメ書いてスミマセンでしたsad
テル大先生、ご指摘ありがとうございましたsweat01

Dscf0814 あらためて紹介します。

こちらが、ウッダードです。down

開花しています。

Dscf0797

Dscf0812 そ~して

こちらがティフブルーです。down

Dscf0806

| | コメント (2)

またまたCOOPにベビーキウイ

この季節ですが、またまたCOOPでベビーキウイが売られていました。
398円です。

Dscf0761

まだ完熟していない感じで、堅めです。
国産でも出回ればうれしいのですが、見かけないですね。

| | コメント (2)

ウッダードの開花

ブルーベリーウッダードが開花し始めました。
清楚なかわいらしい白い花です。

Dscf0742

相方のティフブルーはまだかかりそうですdown

Dscf0752

まだまだ小さい樹なので受粉は焦らないことにします。

でも、やっぱり今年は少しは収穫したいなsmile

| | コメント (4)

検死官シリーズ『異邦人』

パトリシア・コーンウェル検死官シリーズの最新作『異邦人』を読みました。シリーズ15作目です。

いきなり殺人場面の出だしでドキドキでしたが、場面転換が早く一気に読み終わりました。

今回の物語はイタリアのローマで始まります。
ローマに観光に来ていて惨殺されたアメリカの若い女子テニスプレイヤーとサンドマンと名乗る犯人。いろいろな事件がいっけん脈絡なく蜘蛛の巣にひっかかっていているようにみえるのですが・・・たぐり寄せてみると・・・

いつもながら、スカーペッタをはじめルーシー、ベントンの私生活はハッピーとはいえません。中でもマリーノは最悪で、この終わり方はいかがなものかと・・・これ以上マリーノをいじめないでsad

| | コメント (0)

大石早生の芽吹き

スモモ大石早生です。盛んに芽吹いていますが、花芽は皆無のようです。
今年はもうひとまわり大きくしたいですhappy01

Dscf0722

| | コメント (2)

ソルダムの花

スモモソルダムが開花しました。

実はこの枝、この先は枯れています。
生き物は命の危険を感じると子孫を残そうとするようです。
管理が悪いため逆に開花するのかなcoldsweats01

Dscf0727

駄目元で、桃の花とお見合いさせましたheart02

| | コメント (2)

ニーム、室外へ

冬の間室内へ取り込んでいたニームです。
本格的に春の陽気になってきたので室外へ出すことにしました。

一時、葉が全て落ち、枯死かと思われたのですが持ち直してくれました。管理が悪くてそんなのばっかりですがcoldsweats01
2本の枝がくっついていたので、割り箸で簡単に離してみました。

Dscf0704

今年はもう少し大きくなって害虫よけになってくれるでしょうか?

| | コメント (4)

ソルダムに花が・・・

なんと、スモモのソルダム花芽がつきましたwobbly

大きさも5mm程度ですが・・・これって普通の大きさでしょうか?
相方の大石早生は葉芽ばかりです。
園芸本によると、梅や桃の花粉でもいいようなので、お見合い相手を早く見つけてこなければcoldsweats02

Dscf0702

| | コメント (2)

ビワの摘果

今日も気持ちのよいぽかぽか陽気でしたsun

さて、ビワの摘果の時期になりました。

Dscf0682

かわいらしい実でどれもそのまま残しておきたいのですが、本によると田中品種2個にしなくてはいけないようですthink

Dscf0685

泣く泣くハサミを入れこちらの2個に残っていただくことにしましたcatface

Dscf0689

摘果した実ですweep

| | コメント (3)

ブラックベリーとラズベリー

ブラックベリーが盛んに芽吹いてきました。
枯れた葉も未だしっかりとくっついています。

Dscf0638

昨秋購入したラズベリーもチョボチョボ芽吹いてきました。

こちらdownwardleftは赤実品種のマリングデュライトレッドです。
         こちらdownwardrightは黄実品種のジョイゴールドです。

Dscf0633_2 Dscf0635 

| | コメント (2)

サルナシの発芽

昨年からの期待の星、一才サルナシが発芽してきました。
今年こそは収穫したいものですdelicious

Dscf0617

こちらは昨秋購入したサルナシのエルダーですdown
やはり同じ時期に発芽です。

Dscf0615

| | コメント (4)

ティフブルーの様子

ブルーベリーティフブルーです。

ウッダードの開花に追いつくか・・・sweat01

Dscf0563

| | コメント (0)

ミニキウイ伸びる

3本まとめて購入したミニキウイが春の日差しにそれぞれ伸びていきますが・・・

アナスタシアですdown

Dscf0555

ブランデージャムと、専用オス木のハーディーキウイですdown

これって、同じ頃に開花させるとなると難しいかも・・・coldsweats01

Dscf0552 Dscf0545

| | コメント (2)

グーズベリーも芽吹きだす

グーズベリーです。
あちこちからフレア状の芽が顔を出し始めました。昨年並みです。

Dscf0502

| | コメント (0)

マルベリーの芽がふくらむ

マルベリーの芽もふくらみ始めました。
昨年よりはちょっと時期が早いかなと思います。

Dscf0514

| | コメント (0)

ブルーベリーの蕾

ブルーベリーの蕾がずいぶん大きくなりました。
もうすぐ咲いてしまいそうな感じです。

ウッダードです。

Dscf0470

Dscf0476

今年はあわよくば収穫をと考えていますが・・・smile

| | コメント (2)

スモモの大石早生も目覚める

スモモはソルダムが先に目覚めましたが、大石早生も目覚めましたhappy01

枝が全て上を向いているので、少し引っ張ってみました。子供が昔使っていたモールの再利用ですrecycle

Dscf0447

| | コメント (4)

海堂尊の『夢見る黄金地球儀』

チームバチスタの栄光シリーズの海堂尊のちょっと明るい軽快なミステリーです。

トコロはチームバチスタシリーズと同じ桜宮市
トキはちょっと近未来の2013年

主人公は家内制生産業の平沼鉄工所の営業部長であり臨時工員でもある平沼平介
しがない自営業の町工場かと思って読み進むと、なんとなんと、平沼鉄工所の社長にして平介の父、平沼豪介は大きいものでは有人潜水艇『深海七千』、小さいものでは『マシン・ゴキブリ』まで制作してしまうような天才発明家。

平介はそんな父ほどの才能もなく鬱々として生きていたが、そこに旧友が現れ、桜宮市がかつてふるさと創生基金で作った黄金の地球儀の奪取を持ちかける・・・

チームバチスタシリーズを読んだ方であれば、見知ったアイテムもところどころにあり、さらに楽しめるというようなサービスもあります。

人間の心の闇に迷い込むようなミステリーに疲れた方には、ちょっと息抜きにお勧めの本です。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »