« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

秋果ぼこぼこ桝井ドーフィン

イチジク桝井ドーフィンです。
管理が悪いのにもかかわらず、秋果がぼこぼこ出てきました。
ありがたや、ありがたやnote

Dscf3121

ただ、葉っぱがこんなモンで、全部大きくしてしまって平気かな(?_?)

| | コメント (0)

HCで大実サルナシを発見

近所のホームセンターはけっこう大きくて、果樹苗もいろんな種類を置いているのにサルナシだけは見かけませんでした。

ところが、先日ついにサルナシが入荷していました。通販苗よりはかなり安く早速購入happy01
大実サルナシと名前があります。丈夫そうな苗で全国どこでもよく育ちますと書いてあるので、期待してしまいます。

Dscf3144

こちらは、冬に購入した一才サルナシです。down

Dscf3140

ややヒョロヒョロしています。

| | コメント (0)

虫と病気の季節始まる

昨年、ベランダの惨状にブログを放り出したのがこの季節ですbearing

さてさて、今年も戦いの季節がやってきました。

Dscf3128

バレンシアリトルレモンに付いたアゲハの卵です。

Dscf3131

こちらのレモンシシリアンにもsweat02
柑橘3本にしっかり分けて生み付けてありました。

でも、アゲハの卵なんてかわいいモンです。先日、ようやく勢いが出てきたシシリアンの新芽をすべてナメクジ夫婦に食べ尽くされてしまいましたcrying

それから、ミント類に付くアブラムシと、ブラックベリーの葉ダニが出てきました。両方とも水で洗ってとばしています。

それから今年試しているのがお酢スプレー
木酢液とお酢を毎週交代で葉っぱの裏と表にスプレーしています。

Dscf3147

お酢は奇跡のリンゴ木村秋則さんの方法で、食用の一番安い酢を薄めて使って見ています。心なしか、昨年よりは、葉っぱの状態が良いように見えますが、まだまだこれからかな?

| | コメント (2)

『猫を抱いて象と泳ぐ』

私の大好きな作家、小川洋子さんの最新刊ですbook
いつもはたいてい図書館から借りて本を読むのですが、小川洋子さんの本だけは購入して、本棚に並べたくなります。

タイトルからしてステキですheart
猫を抱いて象と泳・・・読み始める前から、どんな世界への扉が開くのか、静かに静かに期待が高まっていきます。
そして、期待通り至福の時間を過ごすことができた一冊でした。

主人公のリトル・アリョーヒンは、不思議な導きでチェス打ちのマスターに出会いチェスプレーヤとしての能力を開花させていきます。
彼には生まれつきの障害があり、それは生い立ちに暗い影を落としすのですが、チェスをとおしてひたむきに自分の道を切り開いていきます。

悲劇の予感が物語の全体をとおして漂っているのに、読み終わったあとのさわやかな感動は不思議です

今年の№1の佳作annoyだと思います。

| | コメント (0)

レモン、ヨレヨレの3年目

レモンのシシリアンです。
昨年は絵描き虫、アゲハ、今年は芽吹いたと思ったら、春先の強風に葉っぱがヨレヨレになり散々な状態でしたが、また盛り返してきましたcoldsweats02

Dscf3037

Dscf3043

こちらはバレンシアリトルレモンですdown
枯死したかと思われましたが、なんと生き返ってきました。
ちなみにレモンに分類していますが、レモンではないそうですsweat02

Dscf3052

さらに、枯死したと思いバレンシアリトルレモンをもう一本購入してしまいましたcatface
先端に花芽が付いてきました。

Dscf3059

| | コメント (2)

イチジクに秋果の芽

イチジク(桝井ドーフィン)をよく見ると、今年伸びた枝の葉のわきに丸い芽ができていましたhappy01
これが秋果なのですね。
2個の夏果は大きくなりましたが、まだまだ堅いままです。

Dscf3036

| | コメント (6)

ビワ、枝分かれの兆し

ビワ(田中)です。あまり大きくならないと思っていたら、先端が枝分かれの兆しです。
スーパーではビワの実が並び始めましたが、また、花芽を付けてくれないかなhappy01

Dscf2994

Dscf2997

| | コメント (0)

ブラックベリーが結実

ブラックベリーが結実してきました。

Dscf3000

このピンクの花の風情が好きですheart01

Dscf2998

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »